FC2ブログ

肩を動かす筋肉のご紹介Ⅱ

こんにちわ(^-^)/もか先生です。

引き続き、肩関節の筋肉についてご紹介します。
今回は、ローテーターカフ(回旋筋腱板)について。

ローテーターカフとは、肩関節を安定させる4つの筋肉です。


ローテーターカフ2

ローテーターカフ1


ローテーターカフは、肩甲骨から起始し上腕骨に停止する肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋の総称です。
(骨への付着部で体の中心にあり、動きの少ない方が「起始部」。反対に体の先端側にあり動きの多い方が「停止部」。)
腕をひねる動きを持つと言う言葉が語源となっています。
薄い腱が上腕骨頭を覆うように停止していることから「回旋筋腱板」とも呼ばれていて、棘下筋を除く3つの筋肉は深部層に隠れていて、表面には見えない筋肉群です。
これらの筋肉には、腕をひねるだけではなく、肩関節を引きつけて安定させると言う重要な役割もあります。
肩関節は他の関節と違い、強い靭帯がないので、可動域が大きい代わりに安定性が低い事が特徴です。
ローテーターカフは、上腕骨頭が肩甲骨から外れないように引きつけ、他の関節における靭帯のような役割を持っています。
肩関節に限ることではありませんが、特に肩関節は筋肉によって、安定した形を保つことができていると言えます。


小円筋とは・・・
棘下筋の下、大円筋の上に位置しています。
上腕を外側にひねる肩関節外旋の働きや、肩関節の骨同士を引きつけて安定させる働きを持っています。
大円筋とは名前は似ていますが、支配神経や作用は異なります。

棘上筋とは・・・
三角筋とともに肩関節外転に働きます。
肩甲骨と上腕骨を引きつけて、肩関節を安定させる働きを持っています。
ボールを投げる動作の際には、上腕骨を肩甲骨に引きつけて肩関節の安定に貢献しています。

棘下筋とは・・・
ローテーターカフの中で唯一表面にある筋肉です。
肩関節を安定させながら、上腕を外側にひねる肩関節外旋の主力となる筋肉です。
オーバーユース(筋肉の酷使)による肩甲上神経障害で筋萎縮が起こる場合があります。

肩甲下筋とは・・・
ローテーターカフの筋群では唯一肩甲骨の前側から起始し、上腕骨を引きつけて肩関節の安定に貢献する筋肉。
主に、腕を内側にひねる働きをもつ、肩関節内旋の主力筋です。


このように筋肉は、それぞれ違う役割を持ち、動かし方や使い方、使う方向や角度によって疲労する筋肉も違います。
ですから、同じ作業を長時間することによって、一部分の筋肉に負担が掛かり痛みが出る原因になってしまいます。


また、徐々に筋肉について、皆さんに紹介していこうと思っています。
みなさんのマッスルな生活に、お役立てください!!


関連記事
スポンサーサイト

肩を動かす筋肉のご紹介Ⅰ

こんにちわ(^-^)/もか先生です。

前回ブロクに書いた、肩を動かす筋肉。
どんな筋肉があるのか、ご紹介したいと思います。


肩深

肩後ろ

肩前


三角筋について
肩を覆う大きな筋肉。上肢で最も体積が多く、肩関節のほぼ全ての動きに関与します。
筋肉全体を鎖骨部(前部)・肩峰部(中部)・肩甲棘部(後部)にわけることができ、それぞれ働きが異なります。

大胸筋について
胸板を形成する強力な筋肉。腕を横から前に振る肩関節水平内転の主力筋です。
上腕を内向きに捻る内旋の働きもあります。
鎖骨部(上部)・胸肋部(中部)・腹部(下部)で作用する方向が異なります。

広背筋について
背中の下部から脇に下にかけて広がる人体で最も面積の広い筋肉。
主として腕を前方や上方から引く働きがあります。
この筋肉が発達すると、逆三角形の体になります。

鳥口腕筋について
肩甲骨の鳥口突起から起始するちいさな筋肉。
主に腕を前方に上げる働きや、横から前に振る働きがありますが、いずれも貢献度としては小さいです。

大円筋について
脇の下に位置し、肩甲骨から上腕骨へ繋がる筋肉。
広背筋などとともに脇の下へ後腋窩ヒダを形成しています。
停止部が広背筋と近く、似た作用を持っています。
主に広背筋の腕を引く働きを補助しています。


そして、ローテーターカフ(回旋筋腱板)の4つの筋肉は、次回紹介したいと思います。
この4つの筋肉で、肩関節の筋肉は終了です。






関連記事

肩を動かす筋肉

こんにちわ(^-^)/もか先生です。
今回は肩関節について考えてみましょう。

みなさんの肩関節は、スムーズに動きますか?
肩関節は、あらゆる方向に動く関節です。
そのため、可動域が大きい代わりに、痛めやすい関節でもあります。

肩関節を動かすには、大胸筋・三角筋・僧帽筋・棘上筋・棘下筋・肩甲挙筋・広背筋・鎖骨下筋・小胸筋・前鋸筋・肩甲下筋・小円筋・大円筋・小菱形筋・大菱形筋の全てが作用し、正常に動くことで様々な作業を効率よく行うことができます。

肩を直接的に動かす筋肉として考えただけでも、表部層・中部層・深部層の筋肉を合わせると、これだけ沢山の筋肉が関わっています。
これらの骨格筋は骨に直接張り付いていて、収縮(縮む)方向で力を発揮し、その力が腱を介して骨を引っ張ることで関節運動が起きます。


肩の筋肉だけではなく、骨格筋は骨に直接張り付いていますが、その部分は「起始部」「停止部」と呼ばれています。
体の中心部に近く、動きの幅が狭い付着部を「起始部」と言い、反対に動きの範囲が大きい方が「停止部」と呼ばれています。
殆どの筋肉は、骨に付着している部分は細くなっています。

そして、体を動かすためには、テコの原理が重要です。
テコの仕組みでは、筋肉を縮めて筋肉の停止部を引く力(力点)によって、関節(支点)を軸に体を動かしています。

筋肉を動かす時に、関節に生じる回転させる力を「関節トルク」と言います。
筋肉におけるテコの仕組みでは、力点・支点の距離をモーメントアームと呼んでいます。
体のそれぞれの部分によってモーメントアームが違い、大きくなるほど同じ筋肉の力でも、関節トルクは大きくなります。

先程述べたように、筋肉は関節を介して付着していて筋肉を縮めることで、関節を動かしています。
関節に痛みが出た場合、その状態(症状・病状)の種類はそれほど多くありません。
しかし、その痛みの原因となれば、どの筋肉が作用し、どの様な歪ませた力を加えているのか考えてみると、痛みの原因は無限に存在しています。

体に加わる余計な力を自分で感じることは、ほぼ不可能だと思います。
私達施術者も、自分自身の体に加わる力を正確に感じることはできません。
「痛み」と「症状の重さ」は必ずしも一致しないことと、全体を力学的視点から感じることが難しいからです。


肩関節のお話から少しそれてしまいましたが、肩を動かす筋肉を考えただけでも、体の仕組みの難しさを理解していただけたのではないでしょうか。
下澤先生は、毎日私達に体の仕組みについて教えてくれています。
知れば知るほど、謎は深くなる一方です。

これらの知識や経験が、みなさんの健康へのお手伝いができれば、嬉しく思います。







関連記事

プチリニューアル!!DIYしたよ

こんにちは、スタッフのひろみです。
今朝、出勤しようと外に出たら、雪がチラホラ
一瞬でしたけど、今シーズン初の雪をみました。
いよいよ冬到来ですね!

先週の日曜日に、お休みを利用して、もか先生と二人でシモザワ整体のプチリニューアル工事をしてみたんです。
材料を屯田にあるジョイフルエーケーで買ってきて、DIYでやりましたよー!
まずは、玄関の扉です。

玄関ドア

透明のガラスだったところに、少しだけ目隠し効果のあるガラスフィルムを貼りました。
レースの様なチェックの模様をチョイスしてみました。
写っている人影は、私が反射したものです。心霊写真じゃないですよ(笑)

玄関左

つづきまして、玄関はいりまして左側になります。
もともとスリガラスだった所に、こちらもガラスフィルムをはりました。
こちらは、ステンドグラス風のものをチョイス。
このフィルムを貼っているときにハプニングが!!
寸法を間違えてフィルムを切ってしまい、長さが足りなかったのです。
ツギハギで修復したのですが、奇跡的にとても上手にいきまして
どこに切れ目があるかわかりますか~?
気になる人は探してみてください。

イタリア白クマ

ちなみに、玄関にいるこの白クマさん。
札幌地質探究部の部長が、今月にイタリア出張のお土産でやってきた新人ちゃんです。
可愛いですよね~

つづきまして、玄関の奥側になりますー。
玄関奥側

ガラスにはフィルムを貼り、その下に木を組み込んでみました。
嘘です。
木の模様の壁紙を張っています。
今はいろんな模様の壁紙があって、木の模様だけでも何種類もありました。

玄関右

玄関の右側もガラスと壁紙をやって、玄関一面リニューアルです。
雰囲気も変わって、お客さんにも「可愛くなった!」と褒めてもらえました!
お休みの日に頑張った甲斐がありました!!


関連記事

利用者様の声、やよいさん

こんにちは

シモザワ整体では、ご利用して下さっている方々から、アンケート形式でご感想をお伺いしています。

その中から、今日は「やよい」さんのご感想を紹介します。

No15 やよいさん

やよいさん

Q1 どのようなことが決め手となって当院をお選びいただきましたか?

知人が通院しており紹介してもらいました。

Q2 実際にご利用してみての感想をできるだけ具体的にお聞かせ下さい。

通院のきっかけは「めまい」があったことですが、「治りますよ」の一言で安心感がありました。こちらから疑問を発しても、適格な回答があり不安は解消します。
施術も、痛くないのが通える一つの理由です。
年々に体の老化を感じる年齢ですので、長く通えるのが良いと思います。
逆に、「体操して下さいね」と指導されながら、サボっているので…
申し訳ありませんmm。


〈スタッフのコメント〉
ご感想ありがとうございます。
申し訳ないだなんて、とんでもございません!
何時もお仕事を頑張っているやよいさんの、少しでもお役に立てればと思っています。
お仕事を続けていく事で、これからも様々な身体の問題が出てくるかもしれませんが、そんな時に頼れる存在になれる様に頑張ります。
何かあったら、何時でも相談して下さいね。
担当:荒瀬宏美
関連記事
プロフィール
シモザワ整体

シモザワ整体療法研究室

Author:シモザワ整体療法研究室
シモザワ整体療法研究室ホームページへようこそ!!
こちらでは、一般的に知られていない体の仕組みや、体に対する様々な疑問をすべて、経験実践から紹介しています。
真剣に体に向き合って、数十年。
どの本にも載っていない、知って得する整体師のお話です。みなさんの体を救うために、日々探究中。
札幌の西区に、こんな整体院があるのか~と、知っていただけたら嬉しいです。

目次
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク